記念事業概要

目的
@母校の歴史を再認識し、愛校心をもって貰うため
A母校の発展を願い、その歴史と伝統を将来に引き継ぐため
B鷺宮高校の事を広く外部に知って貰うため
C母校を将来にわたり永続させるため

参加対象
@卒業生(全日制,定時制)
APTA(現役,OB)
B教職員(現役,OB)
C在校生
D東京都
E来賓、その他

実施項目
@創立百周年記念行事
・学校主催の式典
・同窓会・PTA主催の祝賀行事
A記念誌、及び
 卒業生名簿作成
Bその他の事業

資金
@式典
・・・学校予算
A記念行事
・・・同窓会、PTA、同窓生からの寄付金、参加者からの参加費
B記念誌発行
・・・補助金、上記寄付金


実行委員会

創立100周年記念事業実行委員会は、学校長、PTA会長、紫明会会長等からなる役員会の下、4つの専門委員会で構成されます。各専門委員会の役割は以下の通りです。


総務・財務委員会
@実行委員会の総務、庶務活動を行い、本組織の活動を把握し統括する
A預金貯金等資金の入出金管理を行い厳正に資産の管理を行う
B収支計算書の作成を行う。その為に各委員会及び役員会から適時に領収書を回収し記帳する
C実行委員長の指示により、実行委員会及び役員会の招集事務を行う
D各委員会の予算を集計し全体予算を作成する。

名簿・募金委員会
@住所不明者を出来るだけ減少させ、会員全員の所在を把握する
A名簿をもとに記念事業のための賛助金の募集活動を行う
B卒業生等に対する広範かつ率先的な募金活動を行う
C協賛企業や広告取りなどを行う

広報・記念誌委員会
@ホームページに本記念事業の詳細を掲示し、広く一般に知らしめる
A地域や関連する者に本事業を知らしめる為のツールを作成し配布する
B実行委員会への参加者を増やす為の勧誘活動を行う
C100周年記念誌を作成するために資料を収集し、業者の選定、校正作業等を行う

式典・祝賀会委員会
@式典・祝賀会の企画立案を行い、予算の範囲内で優れた式典・祝賀会を行う
A式典・祝賀会の場所の選定、会場設定、準備を行う
B参加者の人数把握及び告知、招待者の把握及び連絡を行う




ライン
戻る
ライン